教室案内
●お問合せは・・・TEL 0798-65-6900 まで 
 
 
名称
夢駆天(むくてん)アカデミー

“MUKU”は大学受験に頻出の内容を、将来の実用につながる独自の方法で、劇的に英語力を高めるための大学進学塾です。
住所
〒662-0832
兵庫県西宮市甲風園1丁目5番15号 ディアーナビル2階(奥側)
阪急神戸線西宮北口駅北西出口より北へ徒歩2〜3分
連絡先
TEL:0798-65-6900
地図
お問合せ時間
月・火・水・金・土 午後5:30〜7:30
 
 
2005年3月12日MUKU11期生が突然に来訪してくれた時の一コマ
☆ MUKU 最優秀協力賞2005を 森原 悠未さん(神戸)
☆ MUKU 最優秀実績賞2005を 秋次留衣さん(神戸)
に贈らせていただきます。
■PROFILEOsamu Kawamura/通称OK/ペンネームMr.OK>

@大阪府枚方市A神戸大学教育学部卒B家庭教師5年、大学受験講師25年以上

CFCE・CPE(ケンブリッジ大学英検・特級)教員免許(高校英語・中学体育)

D'84〜'89神戸大学馬術部コーチングスタッフ、'85(ABC)'87(ホノルル)マラソン完走、'92New Zealand留学・'96アマチュアバンド“Crazy Horse”結成、'99アームレスリング全日本選手権出場・2000サブミッションレスリングで勝利、2001カラオケGPで入賞、2003Mr. Right's Dream Studio設立。ラジオの人生トークに挑戦。2006・2008・2010英語スピーチ全国大会で息子、娘を全国チャンピオンに導く。

E弟がジャグラー(Dr.ニャートン・2000全日本大会優勝)という血筋からか、彼は客を満足させようとする職人気質に溢れている。プリント作り一つをとっても、そのプロ根性には並々ならぬものがある。爆笑を呼ぶユーモアのセンスと、軽快な話術は、厳しい授業の中にも、くだけた明るいムードを作り上げている。又、「将来に役立つ生きた英語力の養成」のために独自の指導法を開発している。

F2003.11月〜2004.1月AM神戸558KHzでラジオ番組「Mr.OKの“恥こそ夢をひらくカギ”」にレギュラー出演し、受験生にも励ましのメッセージを送り続ける。(AM・FM全14回出演)。2003.5月〜12月「ライブハウスで英会話」全11回を司会。
又、子育て英語により、息子と娘がACET児童英検1級を史上最年少合格したことで、子供から大人まで、幅広い指導力を証明。
(@出身地 A出身大学 B受験指導経験 C免許・資格 D特記事項 E講師紹介 Fその他)
★CPE・・・ヨーロッパで最も信頼のある英語資格。6時間にわたり、5技能(読む+書く+話す+聞く+文法)を審査され、気力・体力においても世界で一番ハードな英検のひとつ。[★現在は、4時間に短縮されている]
★特大NEWS・・・
OKの息子と娘が英語スピーチ全国大会で、団体の部・最優秀賞を受賞!! TVにも3度登場。(2006年3月)
2008年も全国大会で、優秀賞(自由、上級生の部)を受賞し、ペアでは全国1位!!(2008年3月)
2010年も全国大会で、最優秀賞(自由・上級生の部)を受賞し、ペアで3度目の全国1位!!(2010年3月)
もちろんスピーチ原稿はMUKUオリジナル
★ご 挨 拶   [MUKUTEN☆ACADEMY設立25周年を記念して]
★夢駆天アカデミーの英語教室は、1993年に阪急六甲で開設をして、2004年に西宮北口に移転しました。今年で25周年を迎えます。
★最近は、2020年大学入試改革に向けて、「使える英語」「英語4技能検定」対策で受験業界は慌しいですが、MUKUでは、25年前の開塾時から首尾一貫して、「受験に頻出の内容」を「実用に役立つ方法」で攻略することを指導方針にしています。大学入学共通テスト、私大&国公立大入試、各種英語検定のどれでも、ベースに必要な英語回路に、共通領域がたくさんあります。難度や必要語彙数は異なっても、同じライン上で攻略できるものです。五感をフル活用して、その共通領域を高速スピード処理できる実用的学習法を身につければ、大学入試はもちろん、英検、TEAP、TOEICや海外の英検などに応用できます。実際に、「大学でもMUKUの学習法が役立つ。」という「卒業生の声」も多いです。
★私がMUKUを開塾する前年に取得したCPE(ケンブリッジ英検・特上級)は、CEFRの最高ランクC2に位置する英語資格であり、受験当時は6時間かけて5技能(LRSW+文法運用力)を審査するものでした。ネイティブの方達でさえ、合格答案を作るのは容易でないと言われるレベルですから、私のような並の大学受験講師が通用するものではなかったのです。それを短期間で攻略するには、究極的なまでに合理的な方法を見つけ出す創意工夫、決めた内容を徹底的にやり遂げる執念と、毎日方法を微調整する繊細な感覚が必要でした。英語専門塾を開く前に、プロとして最高の資格をどうしても取っておきたいという想いの強さが、一発合格につながったと記憶しています。
★私自身が、このCPEという世界で最もハードな英検の一つを最短距離で合格するために開発した、英語力強化法を、大学受験生用に易しくアレンジして提供しているのが「MUKUの英語」なのです。基本理論は一貫していますが、25年の授業で新しい技・指導法もどんどん追加しながら進化しています。和訳をノートに書いて、文法用語が多い説明を聞き、黙々と板書に書かれたことをノートに写す、といった従来の一般的なスタイルの授業は、実用につながりにくいので、当塾では一度も実施したことがありません。また、認定された8種類の4技能検定も、これまでに教材の一部で使用してきましたが、上手く使えば、大学入試の準備練習としても有効なものが多いと認識しています。2020年入試改革が、世間では対応が大変な重大事件かもしれませんが、当塾では、微調整や補強練習を追加することがあっても、大きな根幹部分で変える必要はないと考えています。むしろMUKUの、板書不要な「眠らせないライブ授業」が真価を発揮しやすくなると予測しています。
★「英語が苦手だったけど、楽しく通い続けるうちに、好きで得意な科目になっていた。」というコメントをよく目にします。集中とリラックスの切り替えが、脳の働きを助けるのも事実であり、継続力が学習には不可欠なので、笑顔で楽しく通ってもらうためなら、故意にふざけた馬鹿話やモノマネ?でも恥を捨ててやります。毎回毎回の授業が、私にとっては真剣勝負の試合です。生徒たちが、「充実して楽しかった。次も頑張ろう。」と思えるような内容にすべきと、常に自分に負荷をかけてきたので、体調が厳しい日もありましたが、私の欠勤はまだゼロです。
★これまで「熱く楽しく」四半世紀もMUKUが存続できたのは、意欲的なMUKU生達が通って、一緒に戦ってくれたからであり、保護者の方達が温かく見守ってくださったからです。この25年間で、優しくて、楽しくて、心のきれいな人達の夢を応援する立場として、数多くの成功劇を目撃できたことを、この上なく嬉しく思っています。過去と現在の素敵な人達との出会いに、いくら感謝してもしきれない想いで一杯です。これまでに頂いた力を、さらなる前進力に変えて、行けるところまで駆け続けていきます。それが私なりの恩返しの仕方と考えています。
★2019年も、より魅力的で充実した内容を提供できるように、全力を尽くしますので、よろしくお願い申し上げます。
2018年9月  代表 河村 治

◆上は、2005年12月28日、MUKU12期生の最終授業の1コマ

◆右は、彼らが花束と一緒に贈ってくれた寄せ書き(12/28)

◆彼らの卒業コメント「生徒さんの声」の欄の中に一部抜粋してあります。
  (早く届けてくれた人だけですが)