通年コース1月よりスタートOKの個別ガイダンス3月15日(金)新高3生・新高2生対象】【TOPページ参照】
★卒業生の一言(2021A) ●苦手だった英語を武器にした。内容が足りないと思うことは一度もない(大阪大・文)●他と比べ物にならないぐらいのスピード感と臨場感(同大・社)●読むスピードもリスニング力も本当に上がったと実感(山口大)●英語が好きになり模試ではいつも英語が一番よかった(鳥取大)●こんなに素晴らしくて愛のこもった教材は他にはありません(武庫川女子大)●1回の授業でこれほど詳しく理解できる授業はなかなかない(京都薬科大)●大大大嫌いだった英語が好きになり信頼度はMAXです(兵庫県立大・工)●だれ一人置いていこうとせず出来るまで熱心に教えてくれる(同大・文化情報)●こんなにも生徒のことを考えている先生に初めて会いました(関大)●説明が分かりやすく熱意が凄く伝わって、先生への信頼がとても高かった(同志社女子大)●解説が速いのに分かりやすい。英会話スクールよりも実用に使える勉強法(近大・国際)

 

現役合格者のコメント
★パート4(2019〜2021)【★パート5(2021〜2023)はR9〜R18です。】
●これらは、2019〜2021年の卒業生のコメント(直筆版)です。コメント欄を飛び越えて用紙の裏面まで書いてくれた人たちも毎年たくさんおられて、大変ありがたいです。近年の授業風景を一番よく表現してくれるのは、やはり実際に参加し続けた人たちの直筆コメントです。この10年は、「少しずつでも多くの人の声を」という主義で、もっぱら生徒さんの声(要約版)」という形で載せてきたのですが、「令和」の「コロナ禍受験」は、あまりに特殊であり、オンライン授業の様子も伝えなければならないという思いに駆り立てられて、今回は「直筆コメント・令和編」を載せることにしました。[2022年2月](●一人当たりの文章が長いので載せる人数も限定します。)
●25年のキャリアがある「対面授業」より「オンライン授業」の方が、準備がはるかに大変です。今のスタイルにしてから、常に期限に追われて仕事が激増しました。わざわざ大変な方法を選択するのですから、当然大きな理由があります。
(1)感染リスクゼロで、思い切り声のやり取りができる。(2)通塾の時間を浮かせて、学習時間に充てられる。(3)生徒の帰りの心配をする必要がない。(4)授業日以外にも補習設定しやすい。(5)対面時には不可能だった細かい音のやり取りができ、(L)と(S)(リスニングスピーキング)において伝える技術が多い。(6)MUKUの教材は、自宅に郵送されるテキスト冊子がメインなので、スマホさえあれば手軽に参加できるetc.・・・挙げていくと、数多くのメリットがあります。[★TOPの【ビルコム.α式】の★【メリット30】をご覧ください。]


現役合格者の寄せ書き&コメント

★パート3(2013〜2016)
●これらは、2022年4月初めて載せたものです。長い間手が回らず“生徒さんの声”(要約版・抜粋版)だけにしていましたが、2005〜2019に頂いた素敵な{寄せ書き」と多数の「直筆コメント」保存しているだけではもったいないと強く感じいていました。確かに編集は大変ですが、来年30周年を迎えるに当たり、MUKUの歴史を総まとめすることが、関わって頂いた多くの方たちへの恩返しともなるので、たとえ少しずつでもホームページに載せていこうと決心しました。[★2022、2010〜2012、2017〜2019も徐々に追加していきます。]


過去のコメントはこちら

Copyright©2003 MUKUTEN ACADEMY Co.,Ltd. All Rights Reserved.